小売プロセスを最適化し、
アナリティクス文化を創造


イタリアの大手眼鏡ブランド Luxottica社がどのようにデータアナリティクスをビジネスに活用しているのか。

同社が開発、トレーニング、アドボカシーを現実的かつ段階的なプログラムを通し、どのようにアナリティクス文化を創造したのか。また、Qlik プラットフォームでレポート機能を一元化した方法をご紹介します。

本オンラインセミナーでは、Luxottica社のリテール最適化担当ディレクターの Elizabeth Dalton 氏が、データインサイトで得られた以下の成果についてお話します。

  • 主要なビジネスプロセスの効率と有効性の変革
  • マニュアル作業を自動セルフサービスツールに置き換え、重要なレポートの作成時間を短縮
  • 需要に応じた物流管理、売上傾向の予測、収益増加と顧客体験の向上に向けた事業部門の積極的な取り組みを支援

Luxottica社について

Luxottica社はサングラスと眼鏡のメーカーです。150 か国以上でグローバル展開をしており、レイバンやオークリーといった自社ブランドのほか、ライセンスブランドの眼鏡の販売も行っています。同社が独自の競争優位性として開発してきたのが、垂直ビジネスモデルです。このモデルは、製品開発から製造、物流、流通、そして 9,100 の直営店における製品販売に至るまでバリューチェーン全体を網羅しています。

登録はこちら »

スピーカー



Elizabeth Dalton 氏
CAP: リテール最適化担当
ディレクター
Luxottica社
Bio »

Qlik について
データでビジネスリードを支援

Qlik が描くビジョンは、すべての人がデータを使用してより良い意思決定ができ、非常に困難な課題を解決できる、データリテラシーの高い世界です。エンドツーエンドで、リアルタイム処理を実行し、データ統合およびアナリティクス機能を備え、すべてのデータにアクセスして価値を創出するソリューションを提供できるのは Qlik だけです。Qlik 製品は、顧客の行動に関する理解を深め、ビジネスプロセスを刷新するとともに、新しい収益源を発見し、リスクとメリットのバランスを維持できるため、データを使ってリードするうえで役立ちます。Qlik は、世界の 100 か国以上で、50,000 社以上の顧客に向けて事業を行っています。

SNS でシェア