Qlik® ウェビナー: データからビジネス価値を最大限に得る方法 ~Qlik Associative Differenceについて~
データサイロを分解し、分析を使用してビジネス価値を生み出す方法を学ぶ

1月24日に開催した 2018年BIトレンドウェビナー ~データの脱サイロ化~ のフォローアップウェビナー:データからビジネス価値を最大限に得る方法 ~Qlik Associative Differenceについて~を3月15日より配信します。2018年のトレンドとして、下記が紹介されましたが、このトレンドが加速するにつれ、一方でデータの分散化も加速るする可能性があります。ではQlikとしてこれらの事実やトレンドに対応する手段やソリューションはあるのでしょうか?その答えである、Qlik 特許技術のAssociative Differenceについて、従来型のBIが基本とするクエリーベースとの違いを含めて本ウェビナーで詳しくご紹介いたします。


■2018年のBIトレンドとは?
・ハイブリッド・マルチ・クラウド、ビッグデータディスバリーでの分析機会の最大化
・セルフサービス・カタログ、データ管理のブロックチェーンによる分析利便性の向上
・会話型アナリティクス、イマーシブアナリティクスを始めとする新たな対話性


タイトル:データからビジネス価値を最大限に得る方法 ~Qlik Associative Differenceについて~

配信期間:3月15日(木)~4月30日(月)

視聴時間:約50分

セミナー形式:オンデマンドウェビナー  ※3月15日以降であればいつでも視聴いただけます。

ウェビナーアジェンダ:
・2018年BIトレンドの復習
・多くのBIツールの基本となっているクエリベースの問題点とは
・Qlik Associative Differenceとは
・Qlikが提供する機能と特徴

     


 
2018年にデータからビジネス価値を引き出すための第一歩を踏み出してください。



講演者:


David Bolton
VP of Industry Solutions, Qlik



Chris Mabardy
Sr Director of Product Marketing, Qlik


Qlikについて

Qlik® では、世界中の約 45,000 社のお客様に、セルフサービスのデータの視覚化、ガイデッド アナリティクス アプリケーション、組み込み型アナリティクスおよびレポート作成を実現する直観的なプラットフォーム ソリューションを提供しています。企業はその規模、業界、地域を問わず、Qlik ソリューションを使用することで、情報の視覚化と探索を行い、洞察を得て、意思決定をより適切に行うことができます。Qlik では、組織に属する人間の集団的知性を活用することによって、Business Intelligence (BI) を最適化しています。Qlik は組織内の誰でも、データに潜むストーリーの全容を解き明かすことができるようにすることで、ユーザーを支援することに重点を置いています。



Qlik ウェビナー: データからビジネス価値を最大限に得る方法 ~Qlik Associative Differenceについて~