Qlik® オンラインセミナー「データリテラシーを使ってインサイト主導型文化を構築する」
ぜひご参加ください - 3月7日(水)〜14:00 JST

今日の世界では、想像を絶するスピードでデータが発生し使用されています。このアナリティクス経済のスピードに対応するには、個人と組織がより高度なデータリテラシーを備える必要があります。しかし、先ごろ実施された Qlik® の調査(1) で、データリテラシーを備えていると答えた回答者は、わずか 17%でした。ご自身は、データリテラシーを備えた 17% の 1 人ですか、それともデータリテラシーを備えていない 83% に属しますか。

ご自身、そして貴社の競争の準備は万端でしょうか。それとも今日のアナリティクス経済で敗北を喫するのでしょうか。

その答えは、Forrester の講演者を迎えて開催する Qlik オンラインセミナー「 データリテラシーを使ってインサイト主導型文化を構築する」で明らかになります。このオンラインセミナーでは、Forrester の主席アナリスト Jennifer Belissent 氏をゲスト講演者に迎え、Qlik のデータリテラシー部門統括責任者 Jordan Morrow とともに、以下に関する Forrester の見解についてお話しします。

  • インサイト主導型が必須である理由
  • データリテラシーの強化を図るうえでの最高データ責任者の独自の位置付け
  • 組織内のスキル不足の解消方法

今日のデータ主導型世界において、データリテラシーは選択の余地のない必須のスキルです。このセミナーでは、組織のデータリテラシーとインサイト主導型文化を推進する方法を説明します。どうぞふるってご参加ください。

(1) 出典: Qlik のデータリテラシー調査(2017 年 9 月)


講演者のご紹介


Jennifer Belissent, 博士
カスタマーインサイトプロフェッショナル担当主席アナリスト

ビジネスインサイトプロフェッショナルとそのパートナーを対象に、組織がより適切にデータを利用し共有するためのツールとサービスについて調査を行っています。

特にデータ経済に強い関心を持っており、データ製品およびサービスの開発/提供戦略、代替データソースとマーケットプレイスの発生、会社向けに複雑なデータとアナリティクスの技術と手法の利用を支援するインサイトサービスプロバイダーの台頭を主なテーマとして取り組んでいます。また、政府行政改革におけるデータと技術の役割にも関心を持っています。スマートシティについて精力的に執筆および講演活動を続けており、その内容は、オープン・データ・イニシアティブ、市民参画、モノのインターネット、接続された都市インフラストラクチャの各分野にわたります。

同氏の調査と分析の業績は、The Wall Street Journal、Time、Computer Weekly、CIO Magazine などのメディアを通じて発信されています。さらに学術誌にも数多くの論文を発表しているほか、学術とビジネスの両方のイベントで広く講演を行っています。



Jordon Morrow
Qlik データリテラシー部門グローバル統括責任者

個人や組織に対し、自身のデータやアナリティクスが持つ潜在的可能性への認識を促すため、その潜在的可能性の顕在化と、データリテラシースキルの強化に取り組んでいます。データやアナリティクスに関わっていないときは、家族と過ごしたり、ユタ州の山道をランニングしたりしています。




オンラインセミナー
Forrester

データリテラシーを使ってインサイト主導型文化を構築する

3月7日(水)14:00~15:00