セルフサービスアナリティクスの導入でデジタルトランスフォーメーションと産業 IoT を推進


大手商用車部品サプライヤー Meritor 社が、どのようにデータとアナリティクスを活用して物流、利益、リソース管理を改善し、その過程で大幅なコスト削減を達成したのかをご紹介します

エクセルファイルをセルフサービスアナリティクス文化に転換したことで、企業データに対するビジネスユーザーの信頼性をどのように高めたのかをご確認ください。容易なアプリ登録、トレーニング、移行、レポーティングなどの Qlik® ダッシュボードがどのようにデジタルトランスフォーメーションを加速したのかをご説明します。

本 Web セミナーでは、アナリティクスおよびビジネスインテリジェンス部門のマネージャーを務める Khuzema Tikiwala 氏が、データから獲得した優れたインサイトを活用して以下を実現した方法をお話します。

  • 業務改善 - データ活用による意思決定、そしてデジタルトランスフォーメーションを実現(店舗利用を含む
  • ビジネス部門にアナリティクスと過程の主導を促し、IT 部門がセキュリティを管理するように推進
  • ダッシュボード、スコアカード、レポートを導入 して効果を最大化

Meritor社について

ミシガン州トロイに本社を置く Meritor 社は、1909年、Timken Detroit Axle 社として設立されました。商用車および産業市場向け動力伝達装置、モビリティ、ブレーキ、アフターマーケットソリューションの世界的な大手サプライヤー。約 40 億ドルの収益を上げており、約 9,000 人の従業員を擁し、世界 19 ヶ国で事業を展開しています。

2018年、Meritor 社は、データを活用して業務を改善および促進するために Qlik を導入しました。以来、「大きく考え、小さく始め、革新し続ける」ことでアナリティクスの道を歩み続けています。

お申込みはこちら »

講演者


speakerheadshot

Khuzema Tikiwala 氏
アナリティクスとビジネスインテリジェンス(BI)
Meritor 社
Bio »

Qlik について
データでビジネスリードを支援

Qlik が描くビジョンは、すべての人がデータを使用してより良い意思決定ができ、非常に困難な課題を解決できる、データリテラシーの高い世界です。エンドツーエンドで、リアルタイム処理を実行し、データ統合およびアナリティクス機能を備え、すべてのデータにアクセスして価値を創出するソリューションを提供できるのは Qlik だけです。Qlik 製品は、顧客の行動に関する理解を深め、ビジネスプロセスを刷新するとともに、新しい収益源を発見し、リスクとメリットのバランスを維持できるため、データを使ってリードする上で役立ちます。Qlik は、世界の 100 か国以上で、50,000 社以上の顧客に向けて事業を行っています。

SNS でシェア