データからより深いインサイトをより迅速に入手


今日のビジネスは、データとその活用に大きく依存しています。一方で、多くの企業において、これまでの投資を十分に回収できていない現状があります。本イベントにご参加いただき、クラウドのコストの削減、正確で信頼できるデータの迅速な提供、ユーザーをサポートするためのAI活用、インサイトの加速化など、最先端企業が新しいデータとアナリティクス戦略の基盤としてアナリティクスのためのDataOpsをどのように実践しているかご確認ください。Qlik、Tableau、PowerBI。お使いのアナリティクス環境は問いません。貴社のデータ価値を加速化・最大化する方法を発見してください。

本イベントでは

  • 業界のリーダー
  • Qlikのデータとアナリティクスのエキスパート
  • 様々な業界の企業

基調講演、イノベーションショーケース、ブレイクアウトセッションの内容をご確認ください。

この変革の機会をお見逃しなく!

本イベントへの参加は無料です。お席には限りがありますのでので、ご登録はお早めに。
本イベントは、ユーザー企業においてアナリティクスやデータ活用に関する意思決定に関わる方(経営者層、管理職)やアナリティクスを利用する事業部門の責任者、情報システム部門の管理職の方等を対象としています。対象以外の方は参加をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • 主催: クリックテック・ジャパン株式会社
  • 日時: 2019年10月30日(水)10:30~18:00 (受付開始10:00)
  • 会場: ザ ストリングス表参道(〒107-0061 東京都港区北青山3-6-8)
  • 対象: エンドユーザ企業でアナリティクスに関わるCIO, CDO, CAO、経営者層、アナリティクス利用部門の管理職、IT部門の管理職、BIユーザーおよび分析ツールやデータ基盤ソリューションの導入・選定に関わる方
  • 費用: 無料(事前登録制)

今すぐ登録

Registration for Tokyo is closed!

タイムテーブル​


時間 プログラム
10:00 – 10:30 受付
10:30 – 10:45 ご挨拶
クリックテック・ジャパン株式会社 カントリーマネージャー 今井 浩
10:45 – 11:30 基調講演「より迅速でより質の高いアナリティクスインサイトのためのデータ提供の最適化」
Qlik 最高マーケティング責任者 リック・ジャクソン

データそのものと、社員がデータを最大限に活用できる環境の提供にますます依存している今日において、多くの企業が、これまでの投資と保有するデータから十分な価値を回収できていない現状があります。本講演では、最先端企業が新しいオープンデータとアナリティクス戦略により、正確で信頼できるデータ提供プロセスの簡素化と迅速化、インサイトを加速化するAI活用、クラウドコストの削減、などをどのように実現しているかご説明します。Qlik、Tableau、PowerBIなど、現在お使いのアナリティクス環境に関わらず、貴社のデータの価値を加速化・最大化する方法を発見してください。

11:30 – 12:00 ゲスト講演「メットライフ生命保険におけるデータ活用の取り組み」
メットライフ生命保険株式会社 執行役員 チーフデータオフィサー 中山 雄大 氏

顧客接点のデジタル化が進展することにより、従来は想定していなかった規模で多様なデータを収集し処理できる環境が整ってきています。メットライフにおいても、データは顧客理解を深めるために欠かせない戦略的な資源であると位置付けられています。本講演では、データ活用の方法論やそのための環境整備、及び、人材の育成について事例を交えながら紹介します。

12:00 - 13:15 イノベーションゾーン ランチセッション (12:20 – 12:50): Qlik Senseを活用した、勤務状況の日々見える化
株式会社日立社会情報サービス
経営管理本部 勤労総務部 勤労グループ 部長代理
高橋 暁彦 氏

労働時間管理の規制が複雑化している中、従業員の勤怠状況を効率的に把握するにはどのような対策が必要だろうか。本セッションでは「就業管理システムと連携した勤務状況の見える化」と、それに基づいた「課題抽出・改善施策検討におけるデータ活用事例」について紹介する。

13:15 - 13:55 A-1: Qlik アナリティクス製品ポートフォリオ:概要、最新のイノベーション、ロードマップ

Qlik
小売・製造・ハイテク担当シニアディレクター
ジェレミー・シム
B-1: Attunity のご紹介、日本でも需要が急増している製品の魅力とは?

QLIK TECHNOLOGIES INC
Attunity 日本代表
古谷 幹則
C-1: Qlikの営業支援システムでの活用

第一三共エスファ株式会社
営業企画部企画グループ 主幹
須貝 信 氏

アナリティクスにおける、Qlik の最新のイノベーションと拡張知能と連想技術により市場の破壊をどのように続けていくかを説明する。SaaS/マルチクラウドにネイティブ対応する第3世代アナリティクスの標準である Qlik Sense をはじめとするアナリティクス製品の概要、さらに現在および将来の機能をライブデモで紹介する。

本年5月にQlikのデータ統合ソリューションを担う一事業部門となったAttunity。このセッションではAttunityがもたらす顧客価値である、No Downtime DB Migration、異種間DBリアルタイムレプリケーションを製品アーキテクチャや特長とともにご紹介する。

弊社では、Qlik導入前は、MRはPCのみで、訪問先への販売情報を確認していたが、iPad導入を機にPCを開かずとも訪問に必要な情報を引き出したいという要望が高まった。なぜQlikを採用したか、どのように営業に活用しているか、そしてどう普及を図ったかを説明する。

14:05 - 14:45 A-2: Qlik × DataRobot = 過去の分析〜未来の予測

DataRobot Japan
データサイエンティスト
中山 晴之 氏   
B-2: Qlik データ統合製品ポートフォリオ:概要、最新のイノベーション、ロードマップ

Qlik
インダストリーソリューション担当ディレクター
CK タン
C-2: ビッグデータを使いこなすためのデータマネジメントの重要性

株式会社セガゲームス
エンターテインメントコンテンツ事業本部 第5事業部 戦略支援部
萬 和貴氏

本講演では、Qlik が新たに獲得した Attunity 製品と Qlik Data Catalyst による最新のデータ統合プラットフォームを通じて、アナリティクスのための DataOps をどのように加速化するかを説明する。ユースケースの紹介とデモンストレーションを通じて、クラウドデータレイクとウェアハウス環境における、リアルタイムのデータ提供、自動化、カタログ化が持つインパクト、およびこれらの新しいソリューションを今後のロードマップにどう組み込んでいくかを紹介する。

データ分析基盤に格納されている2,000億件・1ペタバイトのログデータをQlik Senseで扱うため、どのように準備・転送・蓄積しているのか。Qlik Senseとデータ分析基盤それぞれの特徴を踏まえ、SEGAゲームスが行っているデータ運用と、蓄積されたデータの活用事例を紹介する。

14:45 - 15:15 コーヒーブレイク / イノベーションゾーン
15:15 - 15:55 A-3: データ・アナリティクスを事業活動に変化させる

Jedox
President, Asia Pacific
Mark Velthuis 氏
B-3: Snowflake日本上陸!Cloud Data Warehouse、Snowflakeの概要

Snowflake株式会社
日本代表
東條 英俊
C-3: Qlikによる業務改善と機械学習との融合

プルデンシャル生命保険株式会社
営業分析チーム
粂内 圭介 氏
石山 希 氏

御社が投資をされているQlik®アナリティクスに「レバレッジ」をかけせませんか。Qlik®とJedoxのシームレスな統合にデータが持つ最大限の力を解き放すことにより、会社全員がプランニングデータを分析する際に「自由」と「柔軟性」の利便性を享受します。Jedoxは強力なエンタープライズ向けの予算編成、フォーキャスティング、およびプランニング機能をQlik Sense®とQlikView®にもたらします。アナリティクスとCPM(企業業績管理)のシームレスな統合が新たにプランニングの効率を高めます。部門横断的な プランニングは経営能力を加速させ正確なデータこそが会社全体にとって、付加価値の高い戦略的ビジネスパートナーとなり得ます。 (Jedoxの)速やかなトップダウン型プランニングとドライバーベースのボトムアップ型プランニング機能により、利用されているQlik®システムをより充実させることが出来ます。 こちらのセッションでご説明申し上げます。

Snowflakeはシリコンバレー発、マルチクラウド対応のCloud Data Warehouseです。2019年ガートナー社Data Management Solutions for AnalyticsのMagic Quadrant (MQ)においてLeaderポジションを獲得。パブリック・クラウドの特徴を活かし、データ分析のあらゆるニーズに柔軟に対応するSnowflakeの特徴をご紹介。

弊社が抱えていたQlik導入前の課題から、導入後の人材育成、および現在の主な3つの活用方法(業務効率化、現場への情報提供、機械学習との連携)の具体例を実際にレポートやツールを作成、運用している担当者2名が紹介する。

16:05 - 16:45 A-4: データリテラシーの組織的な強化の重要性と社内展開アプローチ

クリックテック・ジャパン株式会社
ソリューション技術部
ソリューション・アーキテクト
中嶋 翔
B-4: Attunity によるリアルタイムデータレプリケーション国内事例

株式会社インサイトテクノロジー
取締役副社長兼COO
森田 俊哉 氏
C-4: 中期経営計画「超サポ-2022」を支えるデータ活用とは

株式会社アシスト
情報基盤技術統括部 部長 Qlik Luminary
花井 正樹 氏
情報基盤技術統括部 Qlik Luminary
岡部 遼 氏

近年の調査によると、従業員のデータリテラシーは企業価値や業績と相関関係があるとされている。しかし、大多数の従業員のデータの可能性を真に引き出す自信がないと回答している。当セッションではデータリテラシーの現状とその強化に向けた組織的アプローチについて説明する。

IOTを初めとするビッグデータは、オンプレ・クラウドなど様々な場所に分散し、RDBMSを始めとする様々なデータ管理基盤に配置されている。このようなデータを効率的且つ迅速に連携し、リアルタイム分析を実現するATTUNITYのソリューションを国内事例を通じてご紹介する。

アシストは2018年に、5ヵ年にわたる中期経営計画「超サポ-2022」をスタート。本セッションでは、ソフトウェアの「パッケージ・インテグレーター」としてお客様をサポートする弊社が取り組んでいる全社IT基盤の刷新状況と、Qlikによる全社データ活用推進の事例をデモを交えて詳細に解説する。

16:45 - 18:00 ネットワーキングパーティ

スピーカー



リック・ジャクソン(Rick Jackson)
最高マーケティング責任者
Bio »


中山 雄大 氏
執行役員 チーフデータオフィサー
メットライフ生命保険株式会社
Bio »


ジェレミー・シム (Jeremy Sim)
小売・製造・ハイテク担当 シニアディレクター
Bio »


チン・クアン(CK)・タン (Chin Kuan Tan)
インダストリーソリューション担当 ディレクター
Bio »


古谷 幹則
Attunity 日本代表
Qlik Technologies Inc.
Bio »


中嶋 翔
ソリューション技術部
ソリューション・アーキテクト
クリックテック・ジャパン株式会社
Bio »


Mark Velthuis 氏
President, Asia Pacific
Jedox Inc.
Bio »


森田 俊哉 氏
取締役副社長兼COO​
株式会社インサイトテクノロジー​
Bio »


東條 英俊
日本代表
Snowflake株式会社
Bio »



高橋 暁彦 氏
経営管理本部 勤労総務部 勤労グループ 部長代理
株式会社日立社会情報サービス
Bio »


須貝 信 氏
営業企画部企画グループ 主幹
第一三共エスファ株式会社
Bio »


萬 和貴 氏
エンターテインメントコンテンツ事業本部
第5事業部 戦略支援部
株式会社セガゲームス
Bio »


粂内 圭介 氏
営業分析チーム
プルデンシャル生命保険株式会社
Bio »


石山 希 氏
営業分析チーム
プルデンシャル生命保険株式会社
Bio »


花井 正樹 氏
情報基盤技術統括部 部長 Qlik Luminary
株式会社アシスト
Bio »


岡部 遼 氏
情報基盤技術統括部 Qlik Luminary
株式会社アシスト
Bio »

ご興味をお持ちの同僚の方はいらっしゃいませんか?

ぜひお誘いください 同僚に教える

スポンサー



会場



お問い合わせ先:  [email protected] 03-5778-4186