サステナビリティを実現する
データ主導型リーダーシップ


第 50 回アースデイ(地球の日)を目前に、環境保護活動の重要性はこれまで以上に
高まっています。世界中の経営陣が気候変動問題の新たな解決方法を模索しています。
その解決に有力なのがデータなのです。

オンデマンド配信 Webセミナー『エグゼクティブ向けデータ主導型サステナビリティ実現ガイド (日本語吹替え)』では、国連と Qlik のエキスパートが、最前線の現場で実施しているデータ主導型戦略についてご説明します。また、サステナビリティ推進とコスト削減を両立するモデルもご紹介します。

  • サステナビリティを実現するデータ主導型アプローチ
  • 国連と Qlik のパートナーシップ
  • 二酸化炭素排出量とコストを同時に削減する方法
  • 国連事務局や Qlik のお客様の成功事例と製品デモンストレーション

スピーカー



Julie Kae
Qlik.org エグゼクティブ
ディレクター兼
企業責任部門
統括責任者, Qlik
Bio »


Greg Ogolla 
国際連合情報通信技術事務局
情報システム責任者, 国際連合  
Bio »

Qlik について
データでビジネスリードを支援

Qlik が描くビジョンは、すべての人がデータを使用してより良い意思決定ができ、非常に困難な課題を解決できる、データリテラシーの高い世界です。エンドツーエンドで、リアルタイム処理を実行し、データ統合およびアナリティクス機能を備え、すべてのデータにアクセスして価値を創出するソリューションを提供できるのは Qlik だけです。Qlik 製品は、顧客の行動に関する理解を深め、ビジネスプロセスを刷新するとともに、新しい収益源を発見し、リスクとメリットのバランスを維持できるため、データを使ってリードする上で役立ちます。Qlik は、世界の 100 か国以上で、50,000 社以上の顧客に向けて事業を行っています。

SNS でシェア